きこり養成塾(フォローアップ研修)

HOME > きこり養成塾(フォローアップ研修

事業体支援

岐阜県きこり養成塾支援事業のとりまとめ機関として、事業を岐阜県より受託し、当該事業導入により、林業労働力の確保と森林技術者の育成を実施する事業体を支援し、林業労働力の確保と育成に寄与する。

【事業目的】

(1) 新規就業者等を早期に即戦力となる人材に育成する仕組みを作ることで、新規就業者の地域への定着

(2) 県産材の伐採・搬出のできる森林技術者の育成

(3) 安全作業の習得

(4) 林業事業体の雇用を促進し、林業労働力の安定確保を図る

【事業実施主体】

 実施主体は、一般社団法人岐阜県森林施業協会となります。


【研修事業体の要件】

 研修を実施する林業事業体等は、次の要件をすべて満たす林業事業体等とする。

(1)造林、保育、伐採等の森林施業を行う事業体またはその組織する団体である
   こと

(2)研修に必要な事業地、機材、指導者等を確保できる事業体であること


【研修内容】

  研修内容は、次のとおりとする。

(1)造林、保育、伐採等の森林施業を行う事業体またはその組織する団体である
   こと

(2)研修に必要な事業地、機材、指導者等を確保できる事業体であること

(3)技術向上研修

【研修日数】

本事業の補助対象となる研修生1人当たりの研修日数は、次の研修区分においてそれぞれ120日を標準とする。